スキューバダイビングのアドバンスダイバーとは?

advance-license

Cカードの中のオープンウォーターを取得したことにより、ひとまずダイビングの基礎知識と技術を持っていることが証明されました!

でもそれはあくまでも「最低限」の知識で、「初級」の技術であることは言うまでもありません。オープンウォーター取得者が次に目指すのが「アドバンスダイバー」と呼ばれる免許です。
ここでは、このライセンスについてじっくり見ていくことにしましょう。

オープンウォーターの限界って?

オープンウォーターの取得によって、あなたはダイビングをする資格があることを証明されますが、それは必要最低限という範疇にあるもの。潜ることに慣れてくると、それだけでは物足りなく感じることが出てくる人が多いんです。

おそらくオープンウォーターが一番最初に限界を感じるのが、「水深18mまでしか潜ることができない」というルール。

もちろん初心者にとって18mというのは十分楽しめる深さですが、世界各地の有名スポットには、その水深を超えたところに魅力的な景色が広がっている場合も多いんです!

アドバンスダイバーの取得によって何ができる?

アドバンスダイバーを取得すると、まず水深18mの壁がなくなり30mまで潜ることが可能になります。また、さまざまな深度や環境でのダイビングが行えるようになり、海の生物に関する知識が増します。つまりアドバンスダイバーとはダイビングにおいて「中級」の技術を証明するもので、これにより世界中のほとんどのダイビングスポットに潜ることができるのです。

他にも、ナイトダイビングができるようになったり、水中でカメラを使えるようになったり、水深や水温、潜水時間や最大水深などを測ることのできるダイブコンピュータを駆使できるようになったり……これらはすべてアドバンスダイバーの取得によって可能となる事柄です。

アドバンスダイバーを取得するには?

オープンウォーターのライセンスを持っている人がアドバンスダイバーのラインセンスにステップアップするには、オリエンテーションを受けることと、オープンウォーターダイブを5回行うことが必須になります。

必須のダイブは、水深18mより深いエリアに潜水する「ディープダイブ」、「ナビゲーション1(ナチュラル)」、コンパスなどを使いながら水中で自分の位置を確認する「ナビゲーション2(コンパス)」のいずれかを必ず選択しなくてはいけません。

そして、必須以外に選択できるダイブにはさまざまな種類があります。主なものとしては水中カメラや水中VTRの使用法、船上でのマナーを学ぶ「ボートダイビング」、水中浮力のマスター、夜の海を潜る「ナイトダイビング」など、各団体によって用意されているコースが異なります。自身の興味のあるものを選ぶのが良いでしょう。

オープンウォーターダイバーでも十分ダイビングは楽しめますが、より深く海の魅力に触れたいと思うのならアドバンスダイバーの取得をおすすめします! そのときには、オープンウォーターダイバーを取得した直後にアドバンスダイバーに挑戦すること。期間を空けずに受講することで、身に付けた技術を忘れないまま一気にステップアップすることができますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です